1.基礎データ
州旗
名称 アラスカ州(アメリカ合衆国49番目の州)
面積 151万9000ku(アメリカ最大、日本の4倍)
人口 63.5万人(うちアンカレッジに25万人)
州都 ジュノー
民族 白人以外ではエスキモー、アサバスカン他インディアン、アリュート族
州花、鳥 忘れな草、雷鳥
産業 石油、石炭、水産、観光等。ここの油田生産量はアメリカ全体の消費量の20%を支える
歴史 エスキモー、アリュート、ネイティブが住む時代が続く。
18世紀 ピョートル大帝時代からのロシア支配
1859年 720万ドルでアメリカに売却される
1896年 砂金が発見されたことによりゴールドラッシュ始まる。
1941年 太平洋戦争が勃発し、日本軍がアッツ・キスカ島に侵攻
1945年 終戦
1959年 アラスカ州になる。ソ連との冷戦により軍事上の価値高まる。
1968年 プルドーベイで大規模な油田が発見され、77年には有名なパイプライン完成。
●バロー
ノーム ●
フェアバンクス
アンカレッジ
ジュノー
2.日本からのアクセス
アンカレッジが経由地として名をはせていた頃は直行便もあったようだが、冷戦の緩和に伴って航空機がシベリア上空を飛行できるようになり、アンカレッジは寂れた。おかげで現在では日本からの直行便は無い。
オーロラ鑑賞を想定して、フェアバンクスまでのルートとなると一般的なパターンは以下のとおり
・シアトル経由(日本ーシアトル−フェアバンクス) アラスカ航空と提携しているノースウェストが安くて便利
以前は大韓航空もあったが、今は無い。ノースウェスト便を使うしか無い状況。乗り継ぎ時間も入れると15時間を越える。さらにベテルスまで行ってると・・・。
ただ、最近は成田などから直接フェアバンクスに入るJALのチャーター便が飛んでいる。所要時間なんと5時間半だか6時間だか。恐ろしく便利なのだが、航空券だけの購入はできないはずだ。また6日間の設定しかないため、もう少し長く滞在したい人にも不向き。
まぁそれでも飛行時間6時間はそんな欠点をおぎなってあまりあるかも。
ベテルス





アラスカ

〜オーロラを追いかけて〜

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO