3.旅のポイント


(1) カンプ・ノウでクラシコ(試合のデータ等)
F.C.バルセロナ
(F.C.Barcelona)
1899年創設。リーグ優勝16回、ヨーロッパチャンピオンリーグ優勝1回を数える名門チーム。レアル・マドリードとは宿命のライバル。戦績では劣っているが、今年は今のところダントツの首位。監督はフランク・ライカールト。
主な選手:ロナウジーニョ、エトー、ラーション、デコ他、
レアル・マドリード(Real Madrid) 誰が呼んだか銀河系軍団、1902年創設。リーグ優勝29回、ヨーロッパチャンピオンリーグ優勝9回。9回の優勝はダントツのヨーロッパ最高回数。「何もそこまで・・・」というぐらい札束ちらつかせ、世界中からスタープレイヤーを引き抜いてくることで有名。ただ、慢性的にディフェンスが弱いのと、選手の個性に頼るところの大きいチームなので、意外にもろいところがある。監督はホセ・アントニオ・カマーチョ
主な選手:ジダン、ベッカム、ロナウド、ロベ・カル、ラウル、フィーゴ他
カンプ・ノウEstadi Camp Nou)   収容人員98,000人,いわずと知れたバルサのホームスタジアム。1957年完成。博物館もあり、内部見学ツアーもあります。ちなみにレアルのホームスタジアムはサンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム
次のページへ 前のページへ スペイン編topへ ホームへ
これのためにはるばる大陸飛び越えて、下地は人文字用の赤い紙、右上が破れてるのは「もぎり」です。てきと〜さが、ラテンです。  
人文字用の色紙の裏。
試合内容
  バルサ強かったどす。どすどす。序盤はまぁまぁ互角。レアルちょっと元気なかったが、ジダンがよくボールにからんでたしね。失点はミスからってのは思い切りありがち。前半28分ロナウジーニョからエトーへのロングパスをレアルのロベカルとカシージャスがお見合い。それをさっくり持っていったエトーが無人のゴールに蹴りこんだ。スタジアムで見ててもあれ?あれれ?みたいな感じだった(1階席って意外に全体の展開をつかみにくい)。結局これで決まったねぇ。
2点目は前半終了近くの42分。パス回しのあと、最後はジオがけりこんだけど、これが見てて一番きれいでらしいゴールだった。
後半に少しは意地を見せるかと思ったレアルは、さっぱり。時間をおうごとにどんどんひどくなっていった。バルサのつぶしが早い早い。レアルはジダンのロング・シュートなどで抵抗するが、さっぱり。とどめはエトーの高速ドリブル。サムエルとグティーの必死のディフェンスがファールを誘い、PK。ロナウジーニョが確実にこれを決めて3点目。
レアルも元気の無いベッカムをオーウェンに代えたりして、流れを変えようとしたが、時すでに遅し。ジダンを代えたのは勝つためというより、敗色濃厚でジダンを休ませるため?それにしてもラウルとかロナウドとか全く見せ場無かった。
バルサのラーションが負傷して退場、靭帯を損傷したそうで、復帰までかなり時間がかかりそう。
リーガ第12節 11月20日 22:00〜
カンプ・ノウ

F.C.Barcelona

Real Madrid
ゴール:エトー(28分)、ジオ(42分)、ロナウジーニョ(76分) すべてバルサ
◎試合結果

カンプ・ノウでの観戦チケットについて
  僕がぐだぐだ説明するより、このサイトを見ていただいた方が早いです。僕自身もこのサイトを参考に当日券にチャレンジしました。日本の旅行代理店を通すと確かに5倍ぐらいとられます。僕の印象ではたとえ「クラシコ」であっても当日券は十分買えるような気がします。自分のチケットを確保した後、球場周辺をぶらぶら散策して、帰りがけに再び当日券売場の前を通りましたが、まだ売ってるようでしたし。やっぱり10万人収容ってのはハンパでは無いです。ただ、早く行けば良い席が取れるというのは当然で、僕の席も相当に良い席でした。値段は試合によって変わりますが、125ユーロというのはレアル戦での一番高い席の料金かもしれません。

バルセロナ

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO