34.黄泉の国へのダンス
一気に戻ってくる。
プレ・ループ遺跡はもともとが火葬場であったそうだ。
なかなか壮大な寺院で、サンセットを見るのにも向いている。

さすがに中央祠堂からの眺めは抜群だ。雨上がりの遺跡は人も少なく雰囲気もいい。とてもほっとする風景だ。
33.東洋のモナリザ
バンテアイ・スレイは人気スポットだ。
シェムリアップから40kmも離れているというのにたくさんの観光客が訪れる。
さして大きくも無いこの寺院が人気を集めるのは、非常に精緻なレリーフ群もさることながら、ここに「東洋のモナリザ」と言われる優美なレリーフがあるからだ。
 
作家アンドレ・マルローに持ち逃げされかけたことで名を上げたこのレリーフはしかし、今年に入ってから突然の立ち入り規制により、接近して見学することが出来ない。

アプサラ・オーソリティーの措置もわかる。アンコールワットのレリーフは人が触りすぎててかてかに光っていた。同じ調子でやられたら、ここの精緻なレリーフなどひとたまりも無いだろう。
観光収入をとるか保護をとるか。難しい選択だ。

このあたりで雨があがった。 
シド、久しぶりに登場
骨洗場?
ナーガ
中央塔を横から見た
精緻なレリーフだ
ちょっと遠いが「東洋のモナリザ」
王の沐浴場
中央祠堂から見下ろした
35.王様の巨大なプール
さて、このあたりは慌しい。
駆け足の見学が続く。
今回は全体像をなぞるとして、いつかまた、ゆっくりと時間をとって訪れたい。

スラ・スランは王の沐浴場だ。バンテアイ・クディという寺院に付属している。さすがに王ともなるとプールの広さもケタが違う。ちなみに深さは大したこと無いそうだ。

プレ・ループとは逆にこちらは朝日の名所。 
牧童と牛たち
バンテアイ・クディ
ここにもデバダー像が


アンコールワットへ

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO