1.ハバナ
短い時間だったけど行ってよかった。実はビニャーレスの谷にするかこっちにするかでずいぶん迷ったのだ。

いや〜、青い海きれいだった。

帰りのバスもよく寝たなぁ。

何かバラデロ編だけ、やたらとトーンが違うなぁ
この写真はけっこうお気に入り。

なんかいいよねぇ、こういうのって。
海はものすごくきれいだった。実は10回も海外行ってる割に今までビーチリゾートなんて行ったことが無かった。カンクンレベルと馬鹿にされてる海だって、今までで唯一それらしかったマルタ島の海よりはるかに青かった。

この青さを写真におさめて、メシを食ったら、後は特にすることも無かった。実は泳ぐか泳ぐまいかこの時点まで決めかねていたのだ。一人で泳いでもなぁ・・・ってことで。
バラデロはキューバの誇る一大ビーチリゾート。ハバナ・ビエハも有名だが、集客力はこちらが上。1930年頃にはデュポン家をはじめアメリカの錚々たる富豪が続々と別荘を建てた。とくにデュポン家は半島の先端部分も買い占め大邸宅のみならず飛行場やゴルフ場まで持っていたという

でも革命後は、みんな先を争うように亡命してしまったので、後にはきれいな海と、いろんな設備が残った。
バラデロへはクバナカンの日帰りツアーを利用。自分で行くのと比べて特に安い訳ではないが、ホテルに届けてくれて、そこの施設を使わせてもらえるので、いろんな面倒が無い。実際その方が良かったなぁと思う。

しかし、この界隈の施設はすごい。政府もかなり力を入れているようだ。土産物屋にはいろんな西欧諸国のブティックが並んでいて、キューバらしさのかけらも無い。ちなみにバラデロにはキューバ人は入れないのだと聞いた。

夕方近くなるとさすがに寒くなってきた。波もだんだん高くなってくるようだ。夏場はベタ凪状態だというのが信じられないくらい。ほとんど泳げる状態じゃなくなってるんだけど、けっこうしぶとく泳いでる人もいる。ついでに言うと僕もその一人だったりする。

こんなことなら何日か滞在してもよかったなぁと思いつつ、シャワーをあびてすっきりして、後はコーラを飲んでうだうだしてた。
気合一発海までダッシュ!
1月の水はちょっと冷たかったが、まったく問題ない。
ただ、波はちょっと高すぎるようだ。
海で泳ぐのなんて何年ぶりだろう。まさか1月に泳ぐとは思わなかった。やっぱきれいな海って気持ちいいぃ〜。

な〜んて、そのへんのガキよりよっぽどはしゃいでた。傍目には、さぞ不気味な中年だったに違いない。。
   
Cバラデロ


キューバ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO