3.大原美術館
最初の訪問のときは絵画の知識も無く、ただきれいだという以外はほとんど何も覚えていなかった。
 
絵画もいろいろ見、知識もそれなりに身につけた今となっては、その魅力も薄れているのではないかと思っていた。だが、それは間違いだった。このコレクションの数といったら、ハンパじゃない。

エル・グレコからウォーホールまで、印象派、フォービズム、キュビズム、シュールレアリスム、象徴派、ポップアート、エコール・ド・パリ等もうなんでもありの分野から、山のような作品達。ここの収集群はほんとにすごい。また落ち着いて見にこようと思った。
本館入口付近の彫像
美術館敷地内の建物、近景
美術館敷地内の建物、遠景
枯木と彫像
大樹はメタセコイアの木
メタセコイアの木と洋風建築
つたからまる建物
二人だけの世界〜♪
こちらはすでに枯木の世界
4.アイビースクエア
旧倉敷紡績工場跡地を利用してできた施設。倉敷と倉敷紡績(クラボウ)は切っても切れない仲だそうで、
多少西洋風なこの風景はだが、周りにすっかり溶け込んでいる。

アイビーとは「ツタ」のことで、その通り、ツタの一面にツタのからみついたれんがの建物が並んでいる。敷地内には美術館のほかホテルやレストランがある。

大きなメタセコイアの木がとても印象的だった。大きな木の下でぼんやりした。それだけでとても心が休まる気がした。
庭園内のコイたち

尾道・倉敷



SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO