滞在記へ スペイン編topへ ホームへ
こんな留学をした
      期間 2003年8月18日(月)〜9月12日(金)
4週間
学校 アンダルシア地方のネルハ
学校:Escuela de Idiomas Nerja
滞在の方法 ホームステイ
レッスン 1日4レッスン(グループ)+1レッスン(プライベート)
レベル 初級〜中級
お世話になりました
1.動機
なぜ、スペイン語?
一度外国で暮らしてみたかった。(これが第一)
スペイン語圏でまだまだ行きたい所も多い。
スペイン語の通じるエリアはとても大きい(スペイン、中南米、アメリカ南部)
なぜ、スペイン?
長期ならもっと安い南米でも良かったけど、せっかくなら母国の方がいいじゃない。
なぜ、アンダルシア?
それは2.で紹介しましょ
2.学校選び
どうやって探す?
時間があれば、自分で学校探して、申込書取り寄せて・・・なんていう手続きが出来れば良いんだろうけど、なにせこちらは悲しいサラリーマン。1ヶ月のお休みを取るのだって直前まで調整に手間取った。だからそんな悠長な手続きやってるヒマも無かった。
たまたまネットを波乗りしていて見つけたのが Booking-by.Net さんのページ。他にもいくつかスペイン留学関係のページがあったけど、ここが一番見やすくわかりやすかった。なのでここと調整をすすめることにした。
どこにする?
最初はスペイン全域を候補に調整したんだけど、Booking-by.Net さん話してるうちにいろんなことがわかってきた
1.マドリッド、バルセロナは治安が悪い。
2.スペインらしい風景を求めるならアンダルシア地方がいい
3.アンダルシア地方でもセビージャ、コルドバ、グラナダといった内陸の有名どころは夏場は焦げるぐらい暑く、冷房が一般的じゃないスペインでは勉強どころでは無くなってしまう。

というわけで、アンダルシア地方の中でも夏場の気候が比較的温暖な沿岸部、コスタ・デル・ソル地域が有力な候補として浮かび上がってきた。そこで地域の中心マラガを中心としたエリアでいくつか候補を挙げてもらった。

最初はマラカ・インスティチュートという学校が非常にしっかりしているということで、そこにしようとしたのだが、残念ながら開講スケジュールがあわなかった。そこで、残った候補の中からマラガから少し離れているが「こじんまりとして雰囲気のいい」という言葉にひかれて、ネルハにしたというわけだ。
ESCUELA DE IDIOMAS NERJA のデータ(最新データは別途確認して!)
    平均学生数 95人 日本人数:2人
学生の主な国籍 1.ドイツ
2.スウェーデン
3.アメリカ

(でも僕が行ってる間はドイツ人とイギリス人が多かった。)
講師数 常勤13人
費用 グループレッスン
4週間:528ユーロ
日本人は多くない。最初2週間は僕だけだった。
個人レッスン他リクエストに応じてアレンジしてくれるのでまず相談を(別費用)。
ホームステイについて(最新データは別途確認して)
  ホームステイ
2週間:296ユーロ(個室、2食付)

2週間:398ユーロ(個室)
まぁ基本的にはホームステイがおすすめだと思う。現地の家族の生活に直接触れられる機会はほんとに貴重。でもスペインの一般家庭で冷房つきの家はあんまりないし、たぶん部屋も広くないはずだ。もともと陽気な国民性なんで、勉強中などうるさいと感じることもしょっちゅう。なかにはがまんできなくて寮に引っ越していく人もいた。ここの寮は冷房完備で部屋もかなり広いそうで、勉強だけ考えると圧倒的にこっちのほうがオススメ。こういう図式はここの学校だけじゃなくてどこの学校でも一般的なんだろうなと思う。ただ、それでも僕はホームステイをオススメするけどね。ちなみにステイ先のメシはとても美味かったです。これも大事だよねぇ。
地球の歩き方 成功する留学 スペイン留学」より
屋外レッスンはこんな感じ
ステイ先の僕の部屋 汚い   


スペイン −語学短期留学の概要−

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO