6.ウィーンのみどころ紹介(その他のみどころ)

地図上の名前をクリックすると案内に飛びます(飛ばないのもあります)


1.シェーンブルン宮殿
  リンクの外での一番の見どころはここ。ヴェルサイユ宮殿の向こうをはる壮大な宮殿で、女帝マリア・テレジアの代にほぼ完工した。マリー・アントワネットも幼少期をここで暮らした。外交無能のフランツ・ヨーゼフ帝は質実剛健な人で(乃木大将みたいな人かもしれん)この人の暮らしていたスペースだけえらく質素なのも興味深い。

はるか昔は庭園から出発したところだけに、広大な庭園が付属している。ネプチューンの泉、戦死者を弔って作られたグロリエッテなどがみどころ。伝統的に戦下手な家なので、さぞやたくさんの戦死者が出ているだろうから、こんなもん一つで片付けられてはたまらないだろうなぁと思ったりもする。他には豪華なバロック宮廷劇場などもあり、過去超有名な音楽家達が指揮をした。

日本との良好な関係を示すものとして、庭園の一角に日本庭園がある。ごく小さいものだが、異国にある日本趣味的なものとは違って、なかなかよく造りこまれている。もともと第一次大戦の前ぐらいに造られ、ずっと忘れ去られていたものに日本の職人が入って整備され、1999年に公開されたそうだ。他にでかい温室やパンダのいる動物園などもある。
3.カーレンベルク
  市内北側にある展望台で、市街やドナウ川が一望できる。訪れた日は天気イマイチだったが、それでも市街が良く見えた。他に何があるってわけじゃないが、やっぱお約束かな。郊外には風力発電所の風車がたくさん回ってた。

5.ゴミ焼却場
  ほんとはクンストハウスを紹介したかったんだが、何せ行ってないので唯一見たフンダートヴァッサー作品を紹介。

ウィーンのガウディといえば聞こえがいいが、あんな異様なものが(しかも巨大)市内の真ん中に突然出現したらびっくりします。歴史と伝統の街でこんなもんを許容できてしまうのがウィーンの魅力の一つなのかも。

6.ドナウ島
  ドナウ川をせきとめて本流と支流をつくったときにできた島。観光用というよりは市民の憩いの場で、サイクリングロード、貸しボートなんかが完備。夏には大きなフェスティバルも開かれる(6月終わりだったかな?)。

実はドナウ川の水はけっこうきたないので、新流はゲートで水を浄化してる。ここから水道水も取ってるし、泳ぐこともできる・・・、というようなことをハイジから聞いた気がする。

ちなみに本流、新流は3.カーレンベルクの写真で確認できます。

8.中央墓地
  約300万人が眠っている墓地。特に音楽家の墓がたくさんあることで有名。ベートーベン、シューベルト、ブラームス、シュトラウスらの墓がある。

緑が多く公園といった感じらしい。ちなみに「第三の男」の印象的なエンディングはここの並木道で撮影された。



7.アウガルテン
  もともと王家の狩場であったところが1775年に市民に開放された広い公園。ここも観光地というより市民の憩いの場的要素が強いが、一角にマリア・テレジアの時代からの歴史があるアウガルテン陶磁器工房がある。
次のページ 前のページへ topへ ホームへ
2.ベルヴェデーレ宮殿(オーストリア・ギャラリー)
  オスマン・トルコによるウイーン第2次包囲のときにウィーンを救った英雄プリンツ・オイゲン公の夏の離宮。この人フランス人でもともとブルボン家に仕官を申し出たものの断られ、ハプスブルクに走ったのであった。

ベルヴェエーレって「美しい眺め」って意味。スペイン語だとブエナビスタだね。その名のとおりとても美しい宮殿で、宮殿だけでも十分見る価値があるけれど、ここにはそれに加えてオーストリア・ギヤラリーという有名な美術館がが宮殿の一部を使ってつくられている。19世紀〜20世紀の絵が多く、もろ分離派の時代になるわけだが、クリムトの作品中でも最も有名な「接吻」が収蔵されている。ここでは全体にシーレよりクリムトの方がポイントが高めである。全部で3階あるものの2階の分離派や印象派に焦点をあてているフロア以外はよくわからず。ロマコの絵は面白かったけど。ちょうど自然主義絵画の企画展やってたけど、さらっ見て終わり。
展望台から見たウィーン市内
4.ホイリゲ酒場
  いきなり酒場ってのも何だが、グリンツィングを中心とするエリアにはホイリゲという今年できた新しいワインを飲ませる酒場が固まっている。

まぁ、シドは酒飲めませんが、なんかいるだけで楽しくなっちゃいそうな雰囲気です。あたり一帯にはたくさんのホイリゲがあるので、ワイン好きならいろいろ周ってみるのも良さそう。店によっては生演奏なんかもあったりするそうな。おつまみは持ち込んだりもできるそうだ。

このあたりにはベートーベンがらみの史跡も多い。実はベートーベンの耳が聞こえなくなったのは性病にかかっていたせいなんて話もあるが、そうは言ってもやっぱり偉大なのである。
とあるホイリゲ外(マイヤーだったかも・・・)
とあるホイリゲ内

焼却場の一部
23
日本庭園
グロリエッテ
ネプチューンの泉
宮殿本体

ウィーン −見どころ−

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO