14.もののけの里へ
翌日は予想通り雨模様だった。

ここから先は天気予報とにらめっこしながら行程を作っていくことになる。

とりあえず小雨だったのと、台風はまだ南にあったので予定通りもう一つの期待株白谷雲水峡に向かった。

白谷雲水峡。その美しさで縄文杉に並ぶ観光スポットとして人気を集めているが、前述したように映画「もののけ姫」のあのうっそうとした森のモデルになったことでも知られている。
15.恨みの雨
入り口で簡単な説明を受ける。雨模様ということと、台風の接近のため、一番遠い太鼓岩コース(約5時間かかる)などはストップをかけられた。途中川を渡るのだが増水すると渡れなくなるかららしい

実はこのコースの奥にその名も「もののけ姫の森」があるのだ。だがそれには増水危険ポイントを渡らねばならない。説明を受けながら複雑な心境だった。

何はともあれ歩き出した。二代大杉というポイントまで来たところでものすごい雨になってきた。だがどうしても諦めきれなかった。僕は川を渡ってしまった。 
16.断念
土砂降りの雨の中で、もう風景など目に入らず何だかわからないけど、歩きつづけてる状況。川の増水も気になるし、濡れた地面に足を取られながらひたすら歩いていた。
 
奥の方に白谷小屋という山小屋がある。とりあえずそこまでは行った。「もののけ姫の森」はその先にひろがっているのだ。だが誰もいない、かび臭い山小屋で一息つくと、やはりこれは引返した方がいいと判断。止む無く撤退することにした。

無念だがしょうがない。また機会はあるさと思った。
二代大杉。このあたりで大雨が
昨日の残り紀元杉、車で手軽に訪れることが出きる。
雨粒しか写らなくなってきた
きれいな滝でもみてください
滝が美しい雲水峡
雨中に浮かぶ風景
雨の中の風景。ジャングルっすな。

屋久島の地図へ

屋久島



SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO